監査等委員会設置会社とは?Part2

 前回の記事は監査等委員会設置会社についてのプロローグ程度の内容でしたが、当記事では、もう少し掘り下げた話をしていきたいと思います。 なぜ新しい機関として作る必要があったのか?  ズバリ、日本のガバナンス(経営を監視する仕組み)の健全性を海外の投資家にアピールするためです。  従来、日本の上場会社は…[続きを読む]

事業報告・計算書類と有価証券報告書の関係と今後

上場企業では、期末日後45日以内に決算短信を東京証券取引所に提出し、株主総会の2週間前に事業報告・計算書類を株主に発送し、株主総会後に各管轄財務局に有価証券報告書を提出するという実務が一般的となっております。 その中で企業側から事業報告・計算書類と有価証券報告書の記載内容・意味は重なっているものの、…[続きを読む]

監査等委員会設置会社とは?

もうだいぶ古い話になりますが平成26年会社法改正により、監査等委員会設置会社という新しい株式会社の機関が誕生しました。日本取締役協会の調査レポートによると2017年には東証一部上場会社の約25%がすでに導入しているという事もあり、スタンダードな機関として定着しつつあります。冒頭でも述べた通り、だいぶ…[続きを読む]

新会計システム導入時の留意事項

会計システムを入れ替えるタイミングって 会社にとって、既存の会計システムの入れ替えを検討するタイミングは2回くらいあるのではないでしょうか。 1回目:小規模企業から中規模企業に成長したタイミング 2回目:中規模企業から大規模企業に成長したタイミング 1回目は、IPOを考え始めた頃のような、今まで脆弱…[続きを読む]