株式公開時にシ団を組成する理由

  IPOを目指す会社の経営者であれば、たま~に耳にする言葉に「シ団」があると思います。シ団とは何か、シ団の組成は必須なのか、メリットはあるのかなどを本記事で解説いたします。   シ団とは何か? シ団とは師団ではありません。 シンジケート団の略称で、引受シ団とか引受シンジケート団…[続きを読む]

新規上場会社の監査役の属性について

最近小職がベンチャー企業から相談を受けた中で、「IPOを目指す際に監査役はどの様な方を選んだら良いですか?」というお話がありましたので、2018年1月から9月までの新規上場会社61社に関して、監査役の属性を調べてみました。  まず、会社の監査機関の設定からですが、監査等委員会設置会社は15社、監査役…[続きを読む]

【IPO情報】㈱メルカリの新規上場を分析してみた

  ㈱メルカリの概要 遂にメルカリが上場承認ですね。決算公告を毎期行っていたメルカリですが、これまでBSのみを見ることができたため、巨額の赤字を続けていたことは皆さんが知っている通りです。結局、第6期目で赤字のまま上場となります。   メルカリの事業内容は言わずもがなですが、Ct…[続きを読む]

【IPO情報】㈱エヌリンクスの新規上場を分析してみた

Ⅰの部をチラ見しながら、予測や私見を織り交ぜつつ㈱エヌリンクスのIPOを分析してみました。(著者は目論見書等は見ないで記載している点にご留意ください)    ㈱エヌリンクスの概要 ㈱エヌリンクスは第8期目での上場となります。業績をみる限り計画通りの上場タイミングだったと思われます…[続きを読む]

【IPO情報】㈱ベストワンドットコムの新規上場を分析してみた

Ⅰの部をチラ見しながら、予測や私見を織り交ぜつつ㈱ベストワンドットコムのIPOを分析してみました。(著者は目論見書等は見ないで記載している点にご留意ください)   ㈱ベストワンドットコムの概要 ㈱ベストワンドットコムは第13期目での上場となります。マザーズの平均的な上場までの期間からすると…[続きを読む]

【IPO情報】アイペット損害保険㈱の新規上場を分析してみた

Ⅰの部をチラ見しながら、私見を織り交ぜつつアイペット損害保険㈱のIPOを分析してみました。(著者は目論見書等は見ないで記載している点にご留意ください)   アイペット損害保険㈱の概要 アイペット損害保険㈱は第14期目での上場となります。マザーズの平均的な上場までの期間からすると、少し遅い感…[続きを読む]

非上場会社の上場を目指すための事前準備(システム編)

システム導入する目的 スタートアップから事業拡大に完全コミットしていた経営者にとって、IPOを目指す際に最初にぶつかる問題は会計及び内部統制だと思います。 なぜなら、上場会社においては、事業を安全確実に遂行して適時のその実態を会計数値に落とし込み決算状況を公表することが義務付けられているためです。 …[続きを読む]

非上場会社の上場を目指すための事前準備(Ⅰの部編)

2017年のIPO社数は合計で98社となっており、2016年に引き続き多くの会社が上場を果たしております。 そんな新たに上場した会社が必ず上場審査の過程で作成している申請書類の中に新規上場申請のための有価証券報告書(以下、Ⅰの部といいます。)があります。   Ⅰの部特有の表現?? Ⅰの部は…[続きを読む]

非上場会社の上場を目指すための事前準備(IR編)

2017年1月1日から11月30日までの新規上場会社数は68社(前年同期は69社)となっております。   上場会社になると、非上場会社の時とは異なり管理業務全般で大きく作業量が増加します。 例えば、 決算発表(決算説明会を含む) 法定書類の提出(四半期報告書、有価証券報告書など) 株主総会…[続きを読む]